skip to Main Content

ファイヤーポンチョ:防災用品
対輻射熱

防火設備

オテゴ、「ファイアーシールド・ポンチョ」で、森林火災の巻き込み事故から消防士を守るための緊急保護具(PPE)を発表し、イノベーションを起こしました。 FIRESHIELD PONCHOは、軽量で装着しやすく、熱放射に対する優れた保護性能を持ち、数分間炎に直接さらされることに耐えられるので、火災の巻き込みから安全に救出・脱出することができます。

FIREFIGHTING PONCHO – 緊急事態に備えるポケットPPEを概観する。

オテゴポンチョは、自己避難や救助待機の場面で、使いやすく、携帯しやすい緊急用PPEです。

軽量で反射率の高いアルミナイズドグラスファイバー素材を使用したポンチョで、携帯用ポーチ付きです。 また、小型のため、ベルトに下げて持ち運んだり、危険性の高い場所に収納して緊急時に使用することも可能です。 オテゴFIRESHIELD PONCHOは、高いレベルの放射熱と炎から着用者を保護し、かつ機動性を維持して脱出や救助の機会を最大化するように設計されています。 シンプルなデザインなので、火災の専門家だけでなく、火災の危険性が高い環境で働く非専門家にも適しています*。

また、アルマイト加工されていない熱防護布では放射熱量が極端に高い場合(化学工場など)、追加保護するための補完的なPPEとして使用することができます。

*FIRESHIELD PONCHOは、防煙マスクや呼吸器との併用を強く推奨します。

_BGS3424

ファイアーシールドポンチョを着用したレスキュースタッフ
ポンチョは非常に軽いため、数秒で着用することができ、危険な状況下での貴重な時間を節約することができます。

 

 

 

ポンチョを持ってしゃがむレスキュースタッフ▶︎ こちら
ファイヤーシールドポンチョを着用したまましゃがむことで、輻射熱を最小限に抑えることができます。

_BGS3428

効率性実証済み – ISO 11612

FIRESHIELDポンチョは、ISO11612(A1、B1、C4)に加え、フランス内務省防衛・市民安全局から委任された独立試験機関による試験を受け、その性能を検証しています。

輻射熱性能:最大50kW/m2の効率実証済み

衣服の各層と “肌 “に配置されたサーマルカップルを用いて、高レベルの放射熱がマネキンに与える影響を比較するテストです。

結果は、FIRESHIELD PONCHO :

  • ポンチョ表面の熱負荷を効果的に軽減する
  • 近距離での露光時間を延長
  • ユーザーの安全性と快適性を高い次元で両立させる

耐火性試験:ブッシュ火災シミュレーション

一般的な山火事に相当する炎を直接浴びることを想定した試験。 赤外線サーモグラフィを使用し、マネキンにサーマルカプセルを装着して試験中のデータを収集します。

結果は、FIRESHIELD PONCHO :

  • 短時間で炎からユーザーを守ることができる
  • ポンチョ内の温度を低く保ち、対流熱傷を防止します。
火災試験1
火災試験2
赤外線ファイヤーテスト

まとめ

FIRESHIELD PONCHOは、森林火災の巻き込み時の緊急脱出用具、または大規模火災介入時の放射熱補完用防護具です。

  • 簡単で素早い装着が可能
  • 小型・軽量
  • 卓越した熱線防護性能
  • 短時間の炎から身を守る

 

寸法(展開時):高さ120cm×幅150cm(シングルサイズ)
ポンチョ : 525g (アルミナイズドグラスファブリック)
ホルスター:100g

 

お見積もりや詳細については、弊社までお問い合わせください。

お問い合わせ

私たちの ソリューション

Back To Top