skip to Main Content
  • languages logo

OTEGO

会社案内

私たちに関しては

新しい勢いをもたらす新しいアイデンティティ

OTEGO Thierry Mosa textile

THIERRY MOSA
CEO

T. MOSA、OTEGOの最高経営責任者(CEO)のお話

 

2020年年初、弊社はGlen Raven/Dickson グループより独立致しました。これにより、責任ある持続可能な企業を目指し、イノベーションとより国際化の戦略に集中する事が出来ます。

これらの戦略目標を達成するために、我々はOTEGO内の仕事に情熱を持っている幹部とチームを組み立てて、お客様の権利と利益を守り、お客様のコアニーズ「お客様の生産性の向上とビジネス開発への貢献をどのように支援するか」を満たすよう努めます。

当社の強みは、アジア、アメリカ、EMEAIのオフィスのおかげで、クライアントに迅速に対応できることです。OTEGOでは、英語、ドイツ語、北京語、日本語、フランス語、スペイン語、ポルトガル語など13以上の言語を話します。お客様のニーズを理解し、カスタマイズされたソリューションを提供するために、と頻繁に連絡取ります。。

OTEGOは、業界に適用されるテクニカルテキスタイルの世界をリードする地位にあります。当社の専門知識は、今日、クライアントから広く認められており、機能性生地に関連する製造上の問題についての意見をよく相談されます。

OTEGOという新しいアイデンティティは、私たちが携わるすべての産業分野で人と機器を心から保護するという私たちのビジョンを表しています。

 

会社の歴史

「リヨンのプラスチックとテキスタイル(Plastique Textile Lyonnais、フランスでPTLとしても知られています)は、1948年にフランスのリヨンに設立されました。1988年にDickson Group加わり、数年後にGLENRAVENに加わりました。2020年初頭に Glen Raven/Dickson グループを脱退し、社名をOTEGOに変更して社会は独立しました。現在、同社は、熱と炎、化学薬品、耐摩耗性/保護、または付着防止特性を必要とする用途向けのテクニカルテキスタイルの世界的なスペシャリストになりました。

リヨンの近くにある当社の工場は、主にポリウレタン、シリコーン、および軽量PVCポリマーを使用してコーティングされた生地を製造しています。 ラミネート加工のノウハウのおかげで、パフォーマンスという1つの重要な要素を備えた、世界中のどこでも利用できるさまざまな機能性生地を提供しています。

私たちは世界110か国以上に輸出し、5大陸のお客様と緊密に連絡を取り続けております。

当社の材料の品質と性能は、世界中の大手産業グループによってテストおよび承認されております。

現在、OTEGOは、熱と炎の保護、剥離コーティング、耐摩耗性を必要とするアプリケーション向けのテクニカルファブリックの世界的なスペシャリストです。

お客様は、生地の為だけでなく、技術的な問題の解決策を見つけるためのニッチなアプリケーションに関する専門知識を備わっている事からお客様から認められています

いくつかの重要な数字

  • 収益の90%は輸出による
  • 当社の売上の20%は、革新的な新製品による
  • 私たちの専門領域内でのNo.1テクニカルテキスタイル
  • 13か国語の言語で世界中の顧客にサービスを提供

成長のモチベーション:

イノベーションは私たちが成長するモチベーションです。OTEGOが作業環境の安全性と効率を向上させることを目的として幅広い製品を提供することを可能にする原動力です。

「OTEGOのエンジニアは、常にサードパーティーの研究室と協力し合って環境を保護しながら製品のパフォーマンスを継続的に改善する新しい方法を見つけるために取組んでいます。
弊社は、競争力と革新性を維持し、お客様が期待する品質レベルを達成するために、関連する技術と最新の機械に投資し続けております。

品質を継続的に提供

OTEGOは設計者であり製造者でもあります。私たちは製品の製造装置全体を設計、構築、統合しています。また、高品質の出力に重点を置いています。製造工程全体を通して、1平方メートルごとの生地が検査されます。 これらの厳格な基準により、OTEGOは製品の品​​質を保証することができます。

より責任ある未来への私たちのコミットメント

OTEGOは、国連のグローバルな持続可能な開発と社会的責任政策に準拠します:

  1. 私たちの日常活動において、人権、労働、環境および腐敗防止を保護する原則を支持する
  2. 当社のテクニカルファブリックの構想から製造まで、環境に配慮したアプローチを採用する。
REACH compliant

さらに詳しい情報は、お問合せください

Back To Top