skip to Main Content
  • languages logo
工作機に適したジャバラの選び方

工作機に適したジャバラの選び方

ジャバラは貴重な部品と作業員を保護します。ガイドウェイと機械部品を保護することにより、機械が適切な動きを維持します。実際、工作機やレーザー加工機、3Dプリンターやその他の機械は、過酷な作業環境からの保護が必要です このため、適切なジャバラを選択することは重要です。

1-作業環境の違い

感想した環境

乾燥した環境における最もよく知られているリスクは次のとおりです

  • ほこり
  • 設備と人間の保護

ほとんどの場合、これらの機械は廃棄物を生成せず、液体も使用しません。 乾燥した環境での機械の例:測定機。

濡れた環境

この環境の特性は、さまざまな液体の使用に関連しています。 物質変換は、湿潤環境のプロセスの一例で、2つの主な液体によって区別されます。

  • 「液体クーラント: 工具と機械加工部品を維持するために、冷却プロセスが必要です。摩擦により、加工部品や工作機の温度が上昇し、変形の恐れがあります。また、工作機の寿命が短くなる場合があります。
  • 切削液: 特定の機械加工プロセス中に切削液が追加され、切削プロセスがより効率的になります。

高温環境

レーザー切断プロセスは、火災リスクをもたらします。 生地は、機械を保護するために耐火性である必要があります。 高温環境での機械の例:レーザー切断機と3Dプリンター

2 – ジャバラ生地の種類

加工環境は、加工する部品と加工のプロセスに依存します。 また、設備と作業者を保護するために必要なジャバラの種類の決定にも影響します。

PVC(ポリ塩化ビニル)生地

PVC製ジャバラは、クーラントから機械を保護できます。 実際の加工工程では、クーラント(水や化学溶液)を使用して、加工部品または工具を冷却し、加工の効率を上げます。 しかし、液体が中性pHでない場合、ジャバラを損傷する可能性があります。 その為、PVC製ジャバラは油性環境には適していません。また、耐熱温度はおよそ70°C-80°C(158-176°F)になります。

PUR(ポリウレタン)生地

PUR生地には、150°C(302°F)の耐高温性と耐油性という重要な利点があります。 耐高温性は、少数の溶融金属の飛散の場合に非常に役立ちます。 また、耐油性は、部品加工の品質を向上させるためにオイルを使用する機械加工プロセスにとっても重要です。

TPU(サーモポリウレタン)生地

TPU生地には、耐油性があり、約80°C(176°F)付近の温度にも耐えることができます。 このタイプの生地は、温度耐性の需要ががない場合、耐水性が必要な環境に使用できます。

ゴム生地

この種のジャバラは縫い加工で製造され、高い機械的耐性を提供しますが、濡れた環境には適合しません。 2番目の欠点は、圧縮率が悪いため、スペースを占有してしまいます。

アラミド生地

一部のアプリケーションでは、高い機械的耐性が必要です。 実際、水しぶき(屑やほこり)がある環境で、ジャバラは多数の衝撃の下でも変形してはなりません。

3 – 製造プロセスの種類

ジャバラを作る方法はたくさん御座います。それぞれ異なったジャバラの形状と材料の種類に応じて、異なった製造方法も必要になります。

HF(高周波)溶接

最近最も一般的な製造方法の一つは、高周波溶接です。こちらは高周波機で生地間を溶接致します。

熱溶着

2種類目の溶接方法は、生地と生地の間にプラスチックプレートを入れて、高温の機械でプレートを溶解して生地と溶接する熱溶着です。

接着

3種類目は、糊付け工程です。これは、生地の側壁を間に挟んで貼り付けます。この方法は高周波プロセスに近いですが、高周波プロセス程の強度及び寿命を持っておりません。

貼り合わせ

4種類目は貼り合わせ工程です。この工程は製品を製造するためにさまざまな材料を選択できるという利点があります。 この工程は、生地が非常に軽いため、小型工作機に適しております。 ただし、欠点は次のとおりです。製品に問題が発生する可能性があり、また製造費用がかかります。

ステッチ

5種類目の製造工程は、ステッチ工程である。この製造工程では、ジャバラに高い機械的耐性を与えます。ただ、その反対に水密性が落ちます。

4 – フレキシブルカバーの代替品

前述のタイプのジャバラに加えて、他に2つの特別な選択肢がございます。 このタイプのジャバラは、従来の生地の選択とは異なり、混合材料で作られている場合があります。

テレスコカバー

テレスコカバーはスチールパネルで作られています。 ジャバラ全体がスチールで構成されています。 このタイプの保護は、非常に高い機械的耐性と高い保護を可能にします。 その反対に高速で移動できず、防水性がなく、柔軟性及び伸縮性が非常に制限されるという欠点があります。

ハイブリッドカバー

テレスコカバーの欠点を克服するために、ハイブリッドカバーがあります。 このカバーは、しなやかな生地とスチールプレートを組み合わせて製造しております。その為、下記の優れた特性があります:

  • 高い機械的耐性
  • 機動性の向上
  • 格納性の向上
  • 水密性の向上

結論

製造工程の効率を最大化するためには、加工環境に応じて適切な材料を選択することが非常に重要です。 適切な機器を使用すると、生産性が向上します。 正しいタイプのジャバラを選択すると、不必要な工作機械のメンテナンスを回避し、工作機械の耐用年数の延長につながります。

 

 

Back To Top