skip to Main Content
  • languages logo
作業環境のリスクに応じて個人用保護具を選択する方法

作業環境のリスクに応じて個人用保護具を選択する方法

生地が耐えられる最高温度はどれくらいですか? この質問はエンドユーザーからよく聞かれます。 PPEについて話す際、熱伝達は非常に複雑なポイントです。 そのため、温度保護パラメータを考慮するだけでは、熱保護を選択するのは少々安易すぎます。 この種の危険を回避するために、オテゴ(OTEGO)は、高温環境に関連する危険をリストアップし、簡略ガイドを作成しました。

 

1. 火災の危険 :

労働者の火災の危険性は、多くの場合、可燃性の衣服材料の炎の伝播が原因です。 その為、もともと難燃性の生地か、若しくは難燃性になるよう処理された材料を選択することが重要です。。 アラミドのようないくつかの材料は自然に難燃性を持っていますが、いくつかは添加剤やコーティングを必要とします。 労働者が火花にさらされる作業場所では、難燃性の個人保護服の着用が義務付けられています。

 

2. 放射熱への暴露による火傷:

赤外線熱とも呼ばれる放射熱は、電磁波を介して伝達されるエネルギーです。 それは光線と同じ特性を持っています。 つまり、輻射熱は伝達するための材料を必要とせず、真空を通過することさえあります。 輻射熱現象の良い簡単な例は、皮膚に当たる太陽光線の温かい感覚です。

露出が低い場合は無害ですが、露出レベルが高くなるにつれ危険も増します。 赤外線への高い曝露の結果は、白内障、眼の損傷、表面的な火傷、そして場合によってはさらに深い火傷にもつながります (詳細情報はこちら).

 

鋳造所などの環境では、この種の熱に特に注意を払うことをお勧めします。 身を守るために、適切なレベルの反射率を提供するアルミ製カーテンや アルミ製個人保護服 などの設備を使用することをお勧めします。 

 

3. 対流熱による危険:

移動する流体または気体を介して熱伝達が発生する場合、それは対流と呼ばれます。 これは私たちが一般的に温度と呼んでいるものであり、温度が高くなりすぎると、人に害を及ぼす可能性があります。高レベルの対流熱の環境に短時間いますと、人はすぐに不快感を覚えます。 長時間の場合、人は体温調節に問題がおこり、致命的なリスクを負う可能性があります。

これらのリスクを回避するために、3つの対策があります:

 

  • 暴露時間を短縮する
  • 人体が正常に汗を発散できるように、環境湿度を下げる
  • 人と環境が直接接触しないように、断熱生地と保護服を使用する

 

4. 接触熱に関連する危険:

2つのオブジェクト間の熱伝達は接触熱と呼ばれます。 接触熱に直面する可能性がある状況にある場合は、熱伝達を遅らせるために、着用する保護服が適切な厚さの難燃生地(別名FR)であることを確認してください。 接触熱に恒久的に耐えることができる材料はほとんどありません(真空層が含まれている場合を除く)。国際規格(ISO 11612)によると、保護生地による隔離した状態で、250℃の物体に5秒間接触した際、本体の温度上昇が10℃以下に抑えなくてはなりません。

 

5. その他の特殊な火傷事故 :

溶融金属:

最も一般的な2つの 溶融金属は、融点がそれぞれ1400°Cと780°Cの鉄とアルミニウムです。 この種のリスクから身を守るための最善の方法は、実際の状態で材料特性を確認するために実地試験を行うことです。 材料が関連する国際規格(ISO 11612:D&Eテスト結果)で認証されていることを予めに確認してください。

高温スチーム:

無毒の蒸気の場合は、使用する保護具に防湿層が含まれていることを確認してください。 防護服は、優れた気密性と十分な厚さを備えている必要があります。 ただし、有毒な蒸気に直面する場合は、関連する化学試験に合格した化学保護服を選択してください。

個人保護服をお探しですか?

または

 

Back To Top