skip to Main Content
  • languages logo
ゴムの廃棄、離型ライナー及び費用対効果

ゴムの廃棄、離型ライナー及び費用対効果

過去10年間で、タイヤメーカーはゴムのリサイクルと使用の最適化に大きなプレッシャーに直面してきました。 これは、経済的、環境的、社会的および立法上の要因の組み合わせの結果です。

 

天然資源の保護、関連する法律、および製造プロセスでの余分な廃棄物の削減の傾向はすべて、タイヤ業界で極めて重要な役割を果たしています。

OTEGO ROI return investment tire calendering industry extrusion inner liner ply belt

廃棄物と費用対効果 (ROI)

お客様がより効率的で環境に優しい工場への移行を支援するために、私たちは独自のライナーを開発しました。リリースライナーは廃棄物を減らすための重要な一環として含まれており、最も費用対効果の高いソリューションの構築に努めています。 私たちはお客様と協力して、品質の問題、修理、ライナーの性能低下によって発生する廃棄物などの隠れたコストを大幅に削減し、良好なROI(投資収益率)を構築しております。

 

カレンダー加工や押出工程では、通常、ゴムの品質問題はライナーの品質の悪さや汚染によって引き起こされ、ゴムの廃棄物が発生します。

 

オテゴ(OTEGO) は、高品質のリリースライナーを提供することで 40 年以上業界をリードしてきました。当社のコーティングおよびラミネート加工プロセスは、特に離型性、シワ防止やほつれに対する耐性を改善するように設計されているため、製造中の廃棄物を減らし、生産歩留まりを向上させます。

 

インナーライナーでは、弊社のリリースライナーは一般的なテキスタイルライナーと比較して、ゴムとの粘着度が低く、ゴムの形状保持性が良好です。ゴムの使用量を最大25%削減することが期待でき、企業は再製造のダウンタイムコストとブチルコンパウンドの無駄を節約できます。

 

また、桟付きライナーを開発して、サイドウォールとトレッドのプロファイルの変形・つぶれを防ぎ、廃棄される高価なゴム材料を削減します。

詳細は弊社にお問い合わせください。

 

Back To Top